コラム

舌の大切な役割

お口の真ん中部分を大きく占めている舌。

「舌の役割は?」とたずねられたら、一番多い答えは「味覚を感じること」かも知れませんが、舌にはそれ以外にも、いくつもの大切な働きがあるのです。

 

●舌は働き者
舌の代表的な役割を具体的にみていきましょう。
 

【味覚】 
舌の表面には味覚を感じるセンサー「味蕾(みらい)」があります。味蕾は味細胞の集まりで、甘い、苦い、酸っぱい、しょっぱいなどを感じることができます。これらの味が複雑に混ざり合って、人は”美味しさ”を感じることができるのですね。味蕾は頬の内側や唇にもありますが、大部分が舌にあることがわかっています。

【食べ物を飲みこむ】
舌は口の中にある食べ物を、食道に送り込む働きをしています。また、口の中の食べ物を奥歯や歯と歯の間に運んで咀嚼を助けたり、食べ物と唾液を混ぜ合わせたりするのも舌の役割。舌の機能が落ちると、食べ物が上手に食べられなくなるのはこのためです。

【発音を助ける】
私たちが発している言葉にも、舌の存在がかかせません。言葉は、声帯から発せられた振動した空気を、口の中の共鳴によって様々な音に変化させてつくられます。この時、舌は柔軟に動き、異なった音を発する助けをしています。

【歯並び】 
舌は歯並びにも関わっています。歯を内側から支える舌が左右どちらかに偏っていたり、特定の歯を押すなどの癖(舌癖)があると、歯並びが乱れてしまいます。
 

舌はQOL(生活の質)の維持にかかせません
このように舌は、味わう、食べる、話すといった、人が幸せを感じるために欠かせない器官なのです。何か違和感や気になる点があれば早めの受診がおすすめです。

 

舌は自分でもチェックしやすい器官です。生きる楽しみとも密接に結びついている舌。健康でありたいですね。

カテゴリー

ご予約お問い合わせ

047-345-1536

タップでTELかかります

予約優先

初めておいでになられる方、お久しぶりの方は診療時間の10分前までに受付においでください。

アクセス

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸1-439-6
新松戸駅前ビル3F

JR常磐線・武蔵野線「新松戸」駅、流鉄流山線「幸谷」駅より徒歩1分

新京成バス「新松戸駅」停留所より徒歩1分

詳しくはこちら

歯科健診センター

当院では歯科検診センターと契約している団体会員の方でしたら、無料で歯科検診を受けられます。健診のお申し込みはこちらからお願いします。

ページトップへ