コラム

治療した歯がまたむし歯に?

●大人に多い二次う蝕

治療した歯が再びむし歯になってしまうことを二次う蝕といいます。

むし歯には、かぶせ物やつめ物を入れる治療をします。

治療後時間が経過すると、かぶせ物と歯肉との境目や、かぶせ物やつめ物と歯の境目にすき間ができ、むし歯菌が侵入して二次う蝕になってしまうことがあります。

治療した歯はむし歯にならない、そう思っていませんでしたか?

実は治療した歯が再びむし歯になるのは珍しくありません。大人のむし歯は二次う蝕の場合が多いので特に注意が必要です。

 

●二次う蝕は気づきにくい

かぶせ物と歯肉の境目やつめ物と歯の境目は、むし歯の原因となるプラーク(歯垢)がたまりやすいので、毎日の歯みがきで念入りにケアしましょう。

二次う蝕になると、かぶせ物やつめ物の境目の部分が黒く変色したり、気づかないうちにかぶせ物やつめ物の下で進行していることもあります。

自分では見つけにくいので、定期的に歯科健診を受けましょう。また、かぶせ物やつめ物が外れたり違和感を感じたら、放置せず早めに歯科医院で受診しましょう。

 

毎日のセルフケアも大切です。歯ブラシに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュも活用しましょう。

カテゴリー

ご予約お問い合わせ

047-345-1536

タップでTELかかります

予約優先

初めておいでになられる方、お久しぶりの方は診療時間の10分前までに受付においでください。

アクセス

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸1-439-6
新松戸駅前ビル3F

JR常磐線・武蔵野線「新松戸」駅、流鉄流山線「幸谷」駅より徒歩1分

新京成バス「新松戸駅」停留所より徒歩1分

詳しくはこちら

歯科健診センター

当院では歯科検診センターと契約している団体会員の方でしたら、無料で歯科検診を受けられます。健診のお申し込みはこちらからお願いします。

ページトップへ