コラム

かみしめ、くいしばりを防ごう

お口を閉じた時、上下の歯が接触していませんか?

1日の中で上下の歯が接触する時間は、わずか20分程度といわれています。普段から歯が接触していると、必要以上に負担がかかります。

●どんな症状がおきるの?●

 かみしめ、食いしばりが習慣化してしまうと、歯に様々な影響を及ぼします。

歯の異常なすり減りやひび割れ

歯槽骨の骨隆起 

歯の詰め物が外れる、壊れる

知覚過敏、歯周病の進行

顎関節の音がガクガク鳴る

また、かみしめやくいしばりは、身体以外の部分にも不快症状を起こす原因となります。頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、腹痛、顎・首・ひざの痛み、視力の低下などの症状が生じる場合があります。

●どんな治療方法があるの?●

①マウスピース

顎にはめて筋肉の緊張を緩めます。就寝中に使用し、歯を守ります。

②貼り紙法(リマインダー法)

パソコンのモニターなど普段よく目にする場所に「歯を離す」「脱力」などと書いた貼り紙をしましょう。

③Sポジション

普段、お口を閉じているときに舌の先を「スポット」(あご)にあたるように意識し、上下の歯の隙間を保ち易くすると、かみしめを防ぐことが出来ます。

かみしめ、食いしばり

 

 

 

Voice!!

◆上下の歯を離す習慣づけを毎日繰り返すうちに、かみしめ、食いしばりが改善されます。

 

カテゴリー

ご予約お問い合わせ

047-345-1536

タップでTELかかります

予約優先

初めておいでになられる方、お久しぶりの方は診療時間の10分前までに受付においでください。

アクセス

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸1-439-6
新松戸駅前ビル3F

JR常磐線・武蔵野線「新松戸」駅、流鉄流山線「幸谷」駅より徒歩1分

新京成バス「新松戸駅」停留所より徒歩1分

詳しくはこちら

歯科健診センター

当院では歯科検診センターと契約している団体会員の方でしたら、無料で歯科検診を受けられます。健診のお申し込みはこちらからお願いします。

ページトップへ