予防歯科

予防について

虫歯は、初期状態では自覚症状があまりないので、定期検診などを利用し、早期発見を目指すことが大切です。虫歯で削った部分は元には戻りませんし、歯周病で痩せてしまった歯ぐきも元の健康な状態に戻ることはありません。つまり歯の健康には、虫歯や歯周病にならないように“予防”することが何よりも大切なのです。

予防のためには、毎日歯磨きをすることが重要ですが、歯みがきでは落としきれない汚れがあります。それはミクロの汚れや、歯と歯肉の境目にある隙間「歯周ポケット」の中にある汚れです。そのため、定期的にプロによるクリーニングを受けることをおすすめしています。

  • 歯の健康維持

  • 早期発見

  • 早期治療

予防するために

プロフェッショナルケア

PMTC Professional Mechanical Tooth Cleaning

特殊な器具を用いて、普段の歯みがきでは届かない歯周ポケットの内側の汚れなども除去します。処置後は歯がツルツルして汚れがつきにくくなるため、虫歯や歯周病の予防効果もあります。痛みはまったくないので、安心して受けていただけます。

ブラッシング方法の指導

お口の状態を診た上で、磨き残しがありそうな場所について重点的にアドバイスをいたします。歯ブラシの当て方や動かし方について、一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに合った、「実践的な」ブラッシング指導を行っています。

セルフケア

歯みがき

適切な歯ブラシを使って、毎日、なるべく毎食後に、みがくことが大事です。ゴシゴシと力を入れてこするのではなく、優しい力ですみずみまで磨くことが大切です。

歯ブラシの固さは、できるだけ「ふつう」「やわらかい」を選びましょう。また、すみずみまで届くように、なるべくヘッドが小さめのものを使うと良いでしょう。

デンタルフロス

デンタルフロスは、歯と歯の隙間に残っている汚れを取り除くことができます。歯磨きと併用することで、虫歯・歯周病の予防効果がぐんと高まります。使ったことがないという方も多いと思いますが、当院にて使い方をご案内いたしますのでご安心ください。

歯間ブラシ

デンタルフロスと同様に、歯と歯の隙間に残っている汚れを取り除くためのブラシです。歯周病が進行して歯ぐきがやせてしまった方など、歯と歯ぐきの隙間が通常よりも大きく空いてしまっている方は、デンタルフロスよりも歯間ブラシを使った方が、汚れを取り除くことができます。

定期検診でサポート

定期検診では、治療後の経過観察、虫歯や歯周病のチェック、ブラッシング指導、歯石の除去、歯のクリーニングなどを行います。また毎回記録をとり、次の来院の際にはそれを踏まえて検診をいたします。

定期的な検診で、口腔内の健康状態が保たれ、自覚症状のない虫歯などの早期発見が可能です。早めに治療をすることで、通院回数も少なくなり、痛みもほとんどなく治療が終わります。

予防歯科Q&A

PMTCで歯は白くなりますか?

歯面の汚れを取り除き、たばこのヤニや茶シブも落とし、光沢のある本来の歯面に回復することができますので、多くの方は「前よりも白くなった」とおっしゃいます。本来の歯の白さ以上になることはありませんので、より白くしたいという方には、ホワイトニングをおすすめしています。

定期検診はどのくらいの頻度で行くのがいちばんいいですか?

お口の状態にもよりますが、基本的には3ヶ月~6ヶ月ごとの検診をおすすめしております。重度の歯周病の方などは、完治するまでは1~2ヶ月に1度のペースでお越しいただいた方が良いと思います。

ご予約お問い合わせ

047-345-1536

タップでTELかかります

予約優先

初めておいでになられる方、お久しぶりの方は診療時間の10分前までに受付においでください。

アクセス

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸1-439-6
新松戸駅前ビル3F

JR常磐線・武蔵野線「新松戸」駅、流鉄流山線「幸谷」駅より徒歩1分

新京成バス「新松戸駅」停留所より徒歩1分

詳しくはこちら

歯科健診センター

当院では無料で歯科検診を受けられます。健診のお申し込みはこちらからお願いします。

ページトップへ